スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【一時間SS】お題:神様のバースデー


【お題:神様のバースデー】


12月24日 午前7時起床

ふわあぁぁ・・・あ、今日はクリスマスイブ・・・だったかしら
とにかく、今日がチャンスよね
そ、その・・・あのダメPに私の良さを思い知らせるにはいい日だわ!


午前9時出社

「おはよー」
「あら、伊織ちゃん、今日は早いのね」
「小鳥こそ、クリスマスイブだっていうのに男の人と一緒じゃないなんて・・・ぷっ」
「てめぇ・・・っ! はっ、いけないわ小鳥、自分を見失っちゃダメなのよ!」
「小鳥・・・いい加減その妄想癖をどうにかしなさいよ・・・それで、プロデューサーはいるかしら?」
「うぅ~ぐすん、あ、プロデューサーさんなら、奥の会議室にいるわよ」
「ありがと、それじゃあまたね~」


午前9時10分 会議室にて

「ふむ、今度の伊織の活動予定について・・・か」

「何悩んでるのよアンタ」
「おうっ!? なんだ伊織かぁー」
「なんだとは何よ、せっかく朝早くから来てあげたっていうのに」
「それは・・・ありがたいけどさ」
「それで、その紙は?」
「ああ、今後の伊織の活動計画書さ、残りの期間でどれだけ伊織を活躍させることができるか、俺の手腕にかかっているところだな」
「へぇ~・・・期待してもいいのよね?」
「ああ、もちろんだ、必ず、トップアイドルにしてやるよ」
「にひひ♪」

「それと・・・あの、今日、時間ある・・・かしら?」
「ん? どうした?」
「水瀬家でクリスマスパーティがあるんだけど・・・アンタもどうかしらって」
「俺かー、そういう場所だと俺浮きそうだからあんま行きたくない・・んだけど」
「そ、そうよね、アンタみたいなのが来る・・場所じゃ、ない、わよね・・・」
「ふむ・・・伊織、お前はどうしたいんだ?」
「えっ?」
「伊織が来て欲しいって言うんなら、行ってやらないこともないぞ?」
「なっ、ば、馬鹿言うんじゃないわよ! べ、別にアンタに来てもらわなくても・・・」
「それじゃあ行かなくていいんだな?」
「うっ・・・いいわ、アンタは来なさい、水瀬伊織としての命令よ」
「へいへい、最初から来て欲しいって言えばいいのに」
「う、うっさいわね! とりあえず、今日の6時からだから、きちんとした格好で来なさいよっ!///」
「ういうい。りょーかい」


午後1時 近くのファミレス

「うっうー! 伊織ちゃんのおごりなんて久しぶりです!」
「まぁたまにはやよいにおどってあげてもいいかなーなんて思ったのよ、好きなものを食べてもいいのよ?」
「ありがとーございまーす! 伊織ちゃん大好きです!」
「ふふっありがとやよい」
「すいませーん、ライスとポテトくださーい」
「やよい・・・もっと豪華なもの頼んでもいいのよ・・・」



「ところで伊織ちゃんはプロデューサーさん誘ったんですか?」
「ん? ええ、まぁそんなとこよ」
「いいなぁーわたしなんてプロデューサーさんにあげるプレゼント代稼ぐのでも毎日大変なのに・・・」
「やよいのとこのプロデューサーも優しいから、心のこもったものでも大丈夫よ、きっと」
「そうですかー? むむむ、難しいです・・・」
「まぁやよいだからねぇ・・・っとそろそろ行くわ、勘定すまして行くけど、他に何か食べる?」
「それじゃあオレンジジュースをもういっぱい・・・いい?」
「ええ、じゃあその分も払って置くわね」
「ありがとーございまーす!」




午後3時 レッスン場

「あらあら~今日は伊織ちゃんの動きがいいわね~」
「あずさがのんびりすぎんのよ! ほら、あずさのとこは半歩左でしょ!」
「あらあら~」
「まったく・・・っと、きゃあ!」
「伊織ちゃん!? 大丈夫かしら~?」
「え、ええ少し足ひねっただけ・・・だから大丈夫よ」
「救急箱持ってくるから、少しそこで待っててね~」

タッタッタッ

「す、少し調子に乗りすぎたかしら・・・でも・・・」

あいつの喜ぶ顔が見たいから

私がオーディションで勝つとあいつが喜んでくれるから

だから私はがんばれる

それが、ずっと続くものじゃなくても

そのぎりぎりまで私はがんばり・・・続ける・・・

「伊織ちゃん?大丈夫?」
「え、ええ、大丈夫よあずさ」
「・・・今日のレッスンはここまでにしましょう?ね?」
「え、今日の予定の半分もやってないわ! ま、まだやれるわ!」
「伊織ちゃん、無理をしても後に響くだけよ、それなら今は休んで次、がんばりましょう?」
「っ・・・うん・・・」






午後5時 水瀬家

「・・・」

ガチャリ

「お嬢様、今日のお召し物ですが・・・」
「わかってるわ、いつものでいいわ」
「せっかくのクリスマスパーティですので、いつものではなく新しいのなんてどうでしょう?」
「いいのよ、どうせこのひねった足じゃダンスも踊れないから、いつものでいいのよ」
「か、かしこまりました・・・」

バタン

「はぁ・・・」
なんでこういうときに限ってへましちゃうんだろう私
今日はクリスマスイブのパーティで
あいつも呼んでるっていうのに・・・





午後7時 水瀬家

「これはこれは水瀬のお嬢様、メリークリスマス」
「ええ、メリークリスマス」
「どうかされましたかな? ご機嫌があまりよろしくないように見えるのですが?」
「別に、なんでもないわ」
「それなら、お嬢様、私と一曲どうでしょうか?」

目の前の男が手を差し出してくる
確か、こいつは水瀬グループと提携してる会社の御曹司だっけ

「ごめんなさい、今はそういう気分ではないの」
「それはそれは、では後ほど、気分がお変わりしだい声をかけていただければ」

こいつと一緒に踊るなんて一生ありえないけどね

はぁ、なんであいつは来ないのよ、6時って言ったのに・・・
まさか、他の女のところなんて・・・
あいつに限ってそんなことないわ、小鳥じゃあるまいし
・・・まぁどちらにせよ、ここにいたら邪魔になるわよね
少し外の空気でも吸いに行こうかしら





「・・・寒い・・・雪でも降るんじゃないのかしら?」

まったく・・・はぁ
なんであんなやつに惚れてしまったんだか
何気なく接してくれるだけなのに・・・
あいつのどこがいいのかしら私
・・・よくわかんない
やよいのとこのプロデューサーもかっこいいし
乗り換えてやろうかしら


「・・・」


「・・・はやく・・・」


「早く、来なさいよ、馬鹿プロデューサー・・・っ」




「おう、呼んだか?」


「っ!?」
「いやーまいったぜ、まさか伊織の家まで結構時間かかるなんて思ってもみなかったぜ」
「な、なによ・・・」
「ほれ、風邪引くぞ、それでも被っとけ」
パサッ
「こ、これ・・・」
「安物だけど、俺が伊織に似合うと思って選んできたコートさ」
「・・・」
「まぁ・・・その、遅れてわるかったな、伊織」
「・・・ふ、ふん! 遅れてきたからには、罰が必要だわ!」
「な、なにぃ!?」
「ほ、ほら、少しかがみなさいよ」
「へいへい、これでいいのか?」
「後は、目を閉じて」

「ういうい」

チュッ

「・・・伊織?」
「な、何・・・///」
「ありがとな」
「~っ!///」
「ほれ、寒いだろ、中行こうぜ」
「そ、そうね、ってイタッ」
「ん?お前・・・レッスンのとき足ひねったって言ってたな」
「今更・・・大丈夫よこんなの」
「まったく・・・高飛車なお嬢様なことで、よいしょっと」

「な、なっ!?///」
「世間で言うお嬢様抱っこって言うやつ?」
「は、恥ずかしいからおろしなさいよっ!」
「嫌だねー足ひねったアイドルを歩かせるプロデューサーなんているものか」
「むっ・・・///」
「それに、ほれ上、見てみ」

「・・・雪?」
「神様のバースデーなりのプレゼントだな、俺らに対してだけど」
「ふ、ふふっ、そうね、そうかもしれないわね」
「明日は雪合戦できるほど積もってればいいなー」
「負けないわよ?」
「言ったな伊織、俺だって負けないさ」

二人で祝おう、神様のバースデー

スポンサーサイト

1時間SS テーマ「すれ違い」


テーマ【すれ違い】


春香「あのぉ・・・プロデューサーさん、その・・・私と会わせたい人ってどなたなんでしょうか・・・?」

P「ん、あぁ、同じ事務所のアイドルで、如月千早って言うんだけど知らないかな?」

春香「え、えぇ!? あの如月千早さん!?」

P「その如月千早さ、まぁこれから活動するのにいろいろと教えてもらったりすればいいんじゃないかなーって思ってさ」

春香「わ、私が如月千早さんと・・・!」

P「まぁ春香はそこで待ってくれ、今、呼んでくるから」

春香「は、はいっ! わ、わかりました!」













春香「はわわっ・・・あの千早さんと会えるなんて・・・すごいなぁ765プロ・・・」

「そこにいるのは誰かしら?」

春香「は、はいっ!?」

「あら、あなた・・・この間デビューした天海春香さんよね?」

春香「あなたは・・・如月千早さん!?」

千早「あら、私のことも知ってるのね」

春香「当たり前ですよ! オリ○ンヒットチャート3ヶ月一位独占状態で765プロの期待のアイドルで有名です!」

千早「そう・・・私はまだ実感ないけどね」

春香「ところで・・・プロデューサーさんに会いませんでしたか?」

千早「いえ? まだ会ってないけど・・・」

春香「そうですかー・・・すれ違いになっちゃったのかなぁ」

千早「あら、あの人が私を・・・」

春香「私と千早さんを会わせたかったらしいですけど・・・おかげで今こうやって二人で喋れてますしね!」

千早「ふふっ、そうね、あの人いると何かと話しにくいこともあるでしょうし」

春香「その・・・質問してもいいですか?」

千早「いいわよ? 何かしら」

春香「その・・・ち、千早さんみたいになるにはどうすればいいですか!?」

千早「私・・私みたいに・・・」

春香「歌が上手で、みんなから注目されて・・・なにか秘訣みたいなものがあるんですか・・・?」

千早「そうね・・・あえて言うとすれば・・・」

春香「すれば・・・?」

千早「努力よ」

春香「努力ですか?」

千早「ええ。他の子に負けないように努力して努力して、途中でくじけそうになっても、あきらめないことね。だから、結果として今の私   がいるわ」

春香「そうですか・・・」

千早「まぁ、天海さんもがんばって、今の私に追いつくようにね」

春香「は、はい、がんばります!」

千早「とりあえず・・・これ、私の携帯のメアドと番号、同じ事務所なんだし仲良くしましょう?」

春香「は、はい! こちらこそよろしくお願いします!」




P「お、ここにいたか千早」

千早「あら、プロデューサー、私を探してたようですね?」

P「まぁな、まぁ・・・春香と仲良くなってくれたみたいでなによりだ」

春香「はいっ!」

P「ふむ・・・お前らでコンビを組んだらいいかもな・・・」

千早「プロデューサー?」

P「いや、なんでもない、さて、春香レッスンに行くぞ」

春香「はい! それじゃあ千早さんまたよろしくです!」

千早「ええ、行ってらっしゃい、レッスンがんばってね」






P「春香、顔がにやけてるぞ?」

春香「え、えっ!? あわわっ///」

P「お似合いだなぁお前ら、ふむ、今度社長にかけあってみるかな・・・」




1時間お題SS「夕焼け」を千早×Pで




なぁ



覚えているか?



あのときもこうやって一緒に夕焼けを見たよな



あのときはまだ新人だったけど



今はもう違うよな



お互い忙しい身で、なかなか連絡も取れないし



だけど、お前の活躍の名声はきちんと届いてるぜ?



新曲を出して歌番組に出たり



バラエティなんかにも最近出るようになったのか



まぁ何にせよ変わったよなお前も



ほんとはさ



きちんと会って伝えたかったけど



そんな暇もない俺たちは境界線上にいるみたいだな



また巡り会える日はくればいいけどな



だから、それまで



忘れよう



お前と一緒にいた日々を



楽しかった時、苦しかった時



全部



心のすみっこに寄せて



普段は気にならないように



それが一番だと思うんだ



お前がどう思うかは知らないけどさ



そうしないとさ、だんだんと辛くなってくるんだ



お前はいっぱしのアイドル



俺はしがないプロデューサー



ここから先は望んじゃいけなかったんだ



お互いを好きになることなんてしなければよかったんだ



今は心の杭にしかならない




辛いさ




でもその分、お前の幸せを願ってる



だからさ



上手くは言い残せなかったけど



幸せになれよ




如月 千早へ



























あなたはどうしてそうも身勝手なんですか?


私たちの恋が杭だったのなら


叩いてでも


埋めてでも


直すのがあなたのやり方だったはず


そのくらいの強引さが


私の心を開いたんですよ


今の私がいるのはプロデューサーのおかげ


会えなくたって


あなたの存在が私の心の支えになっているんです


だから、私は忘れない


あなたのことを、楽しかったことも苦しかったことも


全部忘れない


一緒に見た夕焼けも全部


忘れない


そして取り戻しに行きます


あなたが拒んでも、開かせます


あなたがそうしたように


待っていてください


あの夕日がよく見える公園で


かならず迎えに行きますから



プロデューサーへ




























P「・・・よう、久しぶりだな」


千早「手紙読んでくれたみたいですね」


P「まぁ・・・な」


千早「あなたを取り戻しにきました」


P「・・・そうか」


千早「乗り気ではないのですね」


P「・・・」


千早「・・・少し前の話をしましょう」


P「・・・おう」


千早「あなたは言いましたね、千早のことが好きだって」


P「ああ」


千早「あれは嘘だったんですか?」


P「・・・嘘じゃない、本心だ」


千早「それからあなたの心は変わってしまったんですか?」


P「そんなことは・・・ないさ、今でも千早のことは・・・」


千早「じゃあなんで好きと言ってくれないんですか!」


P「・・・言ったら、それを言ったら、またあの頃の仲に戻ってしまう・・・」


千早「あの頃の何がいけないんですか、何を恐れているんですか・・・」


P「・・・ゴメン」


千早「いつからそんな腑抜けになったんですか! 私をプロデュースしてたときみたいに強引で優しくて私のことを見てくれるプロデュー   サーはどこに行ったんですか!」


P「・・・・・・」


千早「どうして・・・どうして何も言わないんですか! 何も反論してくれないんですか! うっ、うぅ・・・」


P「・・・」


千早「ぐすっ、うう・・・うっ・・・」


P「・・・この夕焼けはあのときと変わらないな」


千早「・・・・・・」


P「俺はさ、お前が幸せになればそれでいいと思ってる、でも、それだけじゃダメみたいだな・・・」


千早「だからっ! 私の幸せはっ!」


P「俺と一緒にいること・・・だろ?」


千早「・・・!」


P「まったく・・・さ、俺も惚れた女泣かすとか最低だけどさ・・・そんな俺でもいい・・・か?」


千早「あたり・・・まえじゃないですか!」


P「・・・そうか、ごめんな、千早、今まで、俺、何も気づけてなかったよ」


千早「ええ・・・だから、これからは気をつけてくださいね・・・?」


P「わかってるって、もう千早を泣かせたりしない、絶対にだ」


千早「ふふっ、その言葉忘れませんよ?」


P「望むところさ!」



プロフィール

こみゃーP

Author:こみゃーP
いろいろとニコマスだったりSSだったり活動してるこみゃーP/雨宮シキです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。